子供好きに人気のお仕事│保育士の採用ポイント

責任ある仕事

眼鏡とノート

将来、保育士を目指している人や採用面接を控えた人に、保育士の採用面接の際に見ているポイントを教えます。まずは、コミュニケーション能力と社会的適応性です。小さな子どもを相手にする仕事ですが、親御さんや職場の人との会話も必要とされます。親御さんとコミュニケーションをとることで、子どもの性格を知ることができるので、保育園での生活に役立てることができるのです。職場の人とも上手くコミュニケーションがとれると、仕事のやり方などのアドバイスを貰うことができるので効率よく仕事を行うことができます。社会的適応性は、人柄なので保育士にむいているか、笑顔で対応できているか、態度は良いかなどの部分を重視して見られます。
その他にも、知識や経験なども大切です。採用側の求めるスキルを持っているか、仕事上で必要な表現能力はあるか、自分で考えて行動することができるかも大切です。小さな子どもを預かる仕事なので、トラブルや思わぬ出来事が多発する場合もあります。その際に、きちんと対処できないと危ないからです。経験が浅い・ネガティブ・話をよく聞かない人は不採用になる可能性があります。保育士として採用する際に、熱意も必要とされます。すぐに、辞めてしまいそうな人は採用されません。長期で頑張ってくれて、やる気のある人がもちろん採用されます。コロコロと、先生が変わってしまうと子どもも保育園になれませんし、親も不安になってしまいます。保育園では先生と子ども、親御さんとの信頼関係の上で成り立つ場所なので、自分の良いところを沢山アピールし笑顔を大事にし、責任ある行動がとれるといいでしょう。

教えること

男女

塾の仕事をする際に1番大事なことは、人と関わるのが好きなことでしょう。塾の仕事は勉強を教えるだけではなく、コミュニケーションをとることも大事な仕事の1つといえるでしょう。

詳しくはこちら

効率よくバイトするなら

スーツの人達

大阪にお住まいの人で、バイトを探している人は家庭教師になってみるといいでしょう。高時給なので短時間で稼ぐことが出来ますし、やりがいを感じることも出来るので楽しい仕事になります。

詳しくはこちら

教える楽しさ

勉強する男女

家庭教師は人に勉強を教える仕事をしてみたい人には、うってつけのバイトです。実際に、どのように教えることで伝わりやすいか、興味を持ってくれるかノウハウを学ぶ事ができるので将来にも役立てることができます。

詳しくはこちら